ロマン主義(絵画) Romanticism painting

有名な絵画・画家の代表作 美術作品の解説

19世紀ヨーロッパの文化的傾向「ロマン主義」は、特定の美術活動の様式を表す概念ではなく、文学・音楽・建築・芸術・思想とあらゆる分野にわたり、反伝統的で自由と解放を求める革新的な思潮・姿勢・美的態度に関わるものであった。

芸術・美術の分野では、新古典主義に対する反伝統的、反合理主義的な芸術傾向として、人間の心情を強烈な色彩と構図で自由に表現しようとした。スペインではゴヤ、フランスではドラクロワ、イギリスではターナーらが活躍した。

ゴヤ (1746-1828)

カルロス4世の宮廷画家として活躍したロマン主義の画家。西洋美術において初めて女性の陰毛を描き問題となった。

ドラクロワ (1798-1863)

フランス・19世紀ロマン主義を代表する巨匠。フランス7月革命をテーマとした「民衆を率いる自由の女神」が特に有名。

関連ページ

ミレーやクールベなど、19世紀半ばには、現実を美化せずに客観的に描くという美術上の試みがなされた。
形態の明確な描写よりも、それをつつむ光の変化や空気感など一瞬の印象を捉え、再現しようとする様式。ルノワール、マネ、モネ、ピサロなど。
ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌなど、厳密な形態の復活、原始的な題材や激しい色彩の導入などの独自の特徴を生み出し、20世紀美術のさきがけとなった。